FC2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日々を綴ります。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

【カワダ】ゼルダの伝説のカギ作成【ナノビーズ】

ハートを作ってから暫くの時が経ち、またナノビーズをやってみたいと思うようになりました。
あの時は一人で作りましたが、今度は堀川桜さんも手伝って下さるそうです。

「疲れたら手伝うよ」

と言って下さいました。
嬉しいですが、ナノビーズ自体は自分の趣味でやってるようなものなので、堀川桜さんを巻き込んでいいのかと少し申し訳なく思いました。

その旨をお伝えしてみたところ…
「どんどん巻き込んでよ。気にしないで遊ぼう」

と言ってもらえたので、お言葉に甘えて疲れた時手伝ってもらおうと思います。


まず、ナノビーズをするための用意をしました。
今回はこちらのカギを作ります。


ナノビーズ


今回は、ハートよりも少し大きめな作品です。
大きめな作品ということは、その分ナノビーズも必要とします。
まずは、上の大きい部分のところをせめて、自分で完成させようと思いました。


早速、プレートにナノビーズを通していきました。



こちらが、途中経過の状態です。


ナノビーズ


集中力が切れそうになりましたが、何とか頑張ってみてカギの上部を通し終えました。
ここまでは一人でやりました。


ナノビーズ


さすがにここから先は疲れてしまいました。


「ごめん集中力切れた。桜、手伝ってくれる?(;´Д`)」


と言ったら


「はいよー。じゃあ玻璃はベッドで横になっててー」


と言われたので、ベッドに横になりました。


間もなくしてから


「できたよー」


と言われました。



「Σ早!!(・口・;」


と思わず声を上げてしまいました。
本当に、すぐに出来上がったので驚きました。


見に行ってみると、本当にできていました。


ナノビーズ


さて、二人で作ったこちらのカギをアイロンにかけるために、敷いていた見本の紙を抜いた状態がこちらです。


ナノビーズ


アイロンも堀川桜さんがかけて下さいました。
理由は、何か、今日はアイロンかけるのが怖くて任せてしまいました。


こちらが、作品の上にアイロンシートを乗せてアイロンをかけた状態の画像です。
満遍なく熱が行き渡っているようですね。


ナノビーズ


暫く熱を冷ましている間、堀川桜さんが笑いながら

「ごめん失敗したかも。何かつぶれてる」


という声を聞いてみてみたところ、確かに穴の部分も塞がってたり潰れていました。
私はなるべく穴が見えないようにしたいと言ってしまったことで、どうやら堀川桜さんはアイロンをかけすぎてしまったようです。


玻璃:「本当だ、潰れてる(笑)」
桜:「これじゃおせんべいだ」
玻璃:「リンクの非常食ってことで(笑)」
桜「wwwww」
玻璃:「wwwww」


失敗になりましたが、二人で暫く笑いました。
これも、面白かった良い思い出になるような気がするんです(*´ω`*)


出来上がりはこちらです(・ヮ・


ナノビーズ


作っている工程が凄く楽しかったので、とても楽しめてよかったと思いました(((o(*゚▽゚*)o)))
下記に作ってみての感想を記載しました。
もし宜しければ是非見てみて下さいね。


【作ってみての感想】
まず今回の作品を作るにあたって学んだことは、ナノビーズにしろアイロンビーズにしろ、アイロンをかけるときはほどほどがいいのかもしれません。
熱で溶けてくっつくようなので、穴の大きさはあまり拘らず、くっつく感じの程度にまでアイロンをかける感じでしょうかね。
難しそうですが、今回の作品を作ってみて少し参考になりました。
それと、私はこちらの作品はここの記事にも書きましたがカギの上部しかビーズを通すことはできず、途中で集中力が切れてしまいました。
けれど、ビーズを通していくうちに気付いたことがあります。
周りの淵から作った後に真ん中の色を敷き詰めていくよりも、横一列なら横一列、縦一列なら縦一列と統一させて通していくほうが私の場合は作業能率が良かったです。
作ることができてよかったです(*´ω`*)








スポンサーサイト



【 2019/09/03 】 ハンドメイド ナノビーズ関連 | TB(-) | CM(-)