fc2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日常を綴ります。巨赤芽球性貧血治療中

ペンギン作り再開

羊毛フェルトでペンギンを途中まで作っていたのですが、今日続きから始めました。
それまでのペンギン制作工程は下記のURLにあります。

http://hari743.blog95.fc2.com/blog-entry-1001.html


では、今日の制作工程をご紹介します(・ヮ・v


以前作ったところで終わっていたので、後は足とクチバシと目を作ればできあがりというところまでいきました。
説明書の通りに、両足を作りました。

ペンギン制作工程

そして、本体につけた状態がこちらです。

ペンギン制作工程

いいですね、少しずつペンギンに近付いていっています。
かわいいペンギンができるのが凄く楽しみになってきました。


そして、クチバシのパーツを作ったのがこちらです。

ペンギン制作工程



こちらのクチバシも、本体につけました。

ペンギン制作工程


今度は説明書にはなかったのですが、以前羊毛フェルトの動画を見たことがあり、その動画には目の部分を作る際、目打ちで刺して決めてしまう前にマチ針で何度か刺して目の位置を決めるといいといった内容を言われていました。
なので、その内容に従いマチ針で最初に目の位置を決めました。
こうすると、失敗しにくくなるそうです。


マチ針で刺した状態がこちらです。
よく見ると、白いマチ針で刺さっているのがわかるかと思います。

ペンギン制作工程


「この位置に決めた」と思うところまで考えたら、そのマチ針を取って目打ちで深く刺します。
つい、物がぬいぐるみなので痛そうに感じましたが、頑張りました。


目打ちで刺して穴を空け、目の部分をつけてとうとうできあがりました。


こちらが、出来上がった画像です(・ヮ・//

ペンギン制作できあがり


とても綺麗に仕上がりました(>ヮ<




【羊毛フェルトの感想】
今回、初めて羊毛フェルトでペンギンのぬいぐるみを作りました。
羊毛フェルトに触れた時、凄く繊細な触り心地で毛糸のような感じの触り心地かと思っていたら全然違っていて、繊細な細い糸が集まったもののように感じました。
針で羊毛フェルトを刺していく中、本当にこれでできるのだろうかと心配になりました。
触った時、少し何かしたら形が崩れてしまうのではと心配で、恐々と触っていたのを覚えています。

そして、思ったよりも出来上がりが大きくて驚きました。
けれど、本当はうきわと帽子があったのですが、そこまでは作りませんでした。
これからこちらのペンギンのぬいぐるみは、透明なケースにしまい保存をすることになるかと思います。
羊毛フェルトは楽しいですが、保存の仕方が難しいということが難点ではありました。
けれど、とても楽しくできたと思っています。





最後に、無事にペンギンが生まれてくれてよかったという気持ちになりました(・ヮ・v





スポンサーサイト



Last Modified :
[serene_resp2c-r] Designed by *Essence