fc2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日常を綴ります。巨赤芽球性貧血治療中

定期健診

落ち込みが少し落ち着き始めてきました。
暫く寝続けていることがあったり泣いたりとか、色んなことがありましたが、これから元に戻っていくといいなと思います。

今日は大学病院で定期健診がありました。
それで、その大学病院なんですが血液検査を私は必ず、受けなくてはなりません。

私が行ってる病院では、血液検査のみを専門に行う区画が病院内にあるのですが、その部屋の中に、一人ご高齢の男性の看護師さんがいるんですね。

で、その看護師さんなんですが…
採血の時結構痛いうえに失敗されることが多いんです(・_・;

今回は、十分に水分を取れなかったかもしれなくて、その分血管が固くなったりなどしていて針が入りにくかったらどうしようという不安から、できれば女性の看護師さんにしてもらえないかなと悩んでいました。
それと、採血の時に具合が悪くなることも多いことがあります。

けれど今日は、女性の看護師さんにしていただくことになり、いつもは椅子での血液検査なのですが、ベッドでさせてもらえることになりました。
この時、何だか頭がふわふわとした感じがして、頭が痛く、具合もあまりよくありませんでした。
今回の血液検査は、鈍い押されるような痛みはありましたが一回で成功したのは本当に良かったです(*´ω`*)

ただ、その時、具合が悪かったので5分から10分ほど休ませてもらいました。
その後は、血液検査専門の区画の部屋から出て少し歩いたのですが、足元が覚束ない感じがします。

一緒に来て下さった堀川桜さんの手に捕まって歩いている状態で、食事を終えてから処置室で休ませてもらうことになりました。
堀川桜さんに「顔赤いし、めまいみたいなのも起きてるなら行って診察まで休ませてもらったほうがいい」と言われました
でも何だか、処置室で休ませてもらうときって本当にいつも、申し訳ないなっていう気持ちになるんですよね。
何故大学病院に来ると具合が悪くなるのかはわからないですが、おそらく遠出して辛くなったのかもしれません。

処置室へ行ってみると、看護師さんに「もしかしたら熱があるかな」と言われ、体温計を渡されて、その後は酸素濃度と血圧も調べました。

血圧は高くもなく低すぎもせず基準値くらいの数値だったのですが、体温は少し熱があるのと、酸素濃度はいつもより少し低めでした。


「息苦しくないですか?」
と聞かれたので私は今とても息苦しかったのもあり
「息苦しくて頭に酸素が届かない感じがしてます」
とお伝えしました。


結局、この日は診察室まで歩いていくことができずにいました。
暫く処置室のベッドで休ませて頂いていたら、主治医の先生が来てくださいました。


「もしかして何か血液検査の数値に問題があってわざわざ来てくれたんだろうか」と思ってしまい心配になったのですが、血液検査には問題はなかったみたいで、そのことをお伝えに来て下さいました。
いつもは診察室で診察をしてもらっていたので、かなり申し訳ない気持ちになりました。


先生には、ここずっと半月くらい頭痛が続いていて、一度頭痛のことで家の近くの病院へ行ってロキソプロフェンという薬を処方されたけれど頭痛が改善されたかわからないまま吐き気を起こしてしまったことや、頭に酸素が足りない感じがするということなど、そういった感じのお話をしました。
お話をしたというより、堀川桜さんが私の代わりに代弁していって下さいました。

何だかその時もうあまりしゃべる力がなく、ベッドに横になっているだけでした。

先生は、「半月も頭痛が続いているのはちょっと気持ち悪い気もしますね、ほぼ問題ないとは思うのですが、念のために脳のCT撮りましょう」と仰っていました。
それから色々堀川桜さんと先生が話しているのを見届けてから、先生は帰って行かれました。



歩く力がありません。
なんでだかわからないですし、今の自分で自分の症状が本当にある症状なのかと信じられなかったので、何故歩く力がないんだろうと不思議に思いましたが、おそらく熱があるからかもしれません。

堀川桜さんは、「車椅子でCTの検査室まで行って、それでまたこっちへ戻って来よう」と言っていました。

車椅子の時は堀川桜さんが運んでいって下さいました。

検査後、「CTの結果特に異常が見える感じではなかった」と先生に言われて安心しました。


何故、頭に酸素が足りない感じがするのかとか、そういった理由はわかりません。
ただ、病院を終えて帰ってきてからすぐに寝てしまいました。


凄く、色んなことがあったような気がします。
とりあえずは、今回の血液検査に異常が見られなくてよかったと思いました٩(* 'ω' *)و






スポンサーサイト



Last Modified :
[serene_resp2c-r] Designed by *Essence