fc2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日常を綴ります。巨赤芽球性貧血治療中

【第二回目】ワクチンの辛い副反応と高熱【モデルナ】

※諸事情により、予約投稿されたブログになります。
更新時間は午前0時になります。



今回は、コロナワクチン二回目の副反応についてのお話を綴りたいと思います
接種してから4時間後、私は倦怠感と眠気が酷かったです
その日の22:00頃には体温が37.0になりました
腕の痛みも酷いです

しばらくしてから喘息のような息苦しさと喘鳴が出てきたので、病院から貰っていたホクナリンテープ貼って対処しました
息苦しさはこれで何とか治まりました


そして接種当日の深夜、私は全身に酷い寒気を感じました
その寒気というのがもう本当に辛くて、寒くて寒くていくら暖まろうとしてみてもだめで、声まで震えている状態でした


「これヤバい…熱出る寒気だ(;´Д`)」
と思いました


もう自分ではどうにもできない寒気なので、堀川桜さんに連絡しました
「すぐそっち行く!」
と仰られてから、間もなくして部屋に駆けつけて来てくれました


「…ごめんね」
と堀川桜さんに謝ったら


「こうなることもちゃんと予想してたよ」
と私に言ってくれました


「寒気があるってことはこれから熱が上がるだろうから、とにかく今は身体暖めよう」
と堀川桜さんは仰られていて、敷布団の上にミニサイズのフワフワな電気マットを敷き、冬物のパジャマを出して着替える時も手伝ってくれました
それと、湯たんぽとホッカイロも用意して下さいました
他にも色々なことをして下さいました
もうすっごく寒くて動けなくて、腕も痛かったので一人で着替えられる自信もなく、この時も本当にかなり助かりました
声も震え、身体もガタガタと震えるほどの寒気でした


そして、いつの間にか眠っていたのか次の日の朝…


何か頭がグラグラして、吐き気もありました
顔全体がヒリヒリと痛くなるほど熱を持っています
でも、顔は熱いのに身体は凄く寒いんです



体温を測ってみたら…



39度



「Σ………(;´Д`)!?」


その時の会話を一部お見せします
(堀川桜さんには公開することは既に了承済みです)

因みに会話の中に出てきた「ディパシオ」というのは二人で使っている市販の解熱鎮痛剤です


画像


この後、堀川桜さんはまた部屋に駆けつけて来てくれました


その時、お手洗いにも行きたかったのですが足元がふらついて歩けそうになく、堀川桜さんは私の手を引いてお手洗い前まで付き添ってくれました
転びそうで廊下歩くのがこの時凄く怖かったんです

私は貧血症状を持っているのと抗がん剤治療を終えてからもしかしたら何かと便利かもしれないという堀川桜さんからの提案で、普段廊下には椅子が置いてあるので、帰りも歩ける自信がなかったため
「そこの椅子座って待ってて」
とお伝えして、堀川桜さんに廊下の椅子に座って頂いてからお手洗いへ向かいました


帰りも、手を引いて下さり無事に部屋のベッドまで辿り着くことができました
お手洗いが二階にもあるのでよかったと思いました
この時は階段下りることはできなかったと思います


一度堀川桜さんが部屋に戻られてから、暫くして解熱剤が少し効いたのでしょうかね
昼頃に38.2まで下がりました。


しかし、何も食べる気になりません
どうしてもその日食べられなかったら「朝バナナ」を持っているのでそれにしようと思いました


夕方頃になり、この時は寒いけど暑いという変な感覚がしました
熱を測ってみると37.5にまで下がりました


しかし、それも束の間夜になり38.2にまで上がりました


鏡を見てみると、目の下瞼の中が真っ白で唇も白くてかなり血色が悪かったです


体温は37度から38度後半を行ったり来たりで、その度に一喜一憂してしまいましたが、身体はとても倦怠感が酷く、グッタリとしました


23日の夕方頃になって初めて36.2にまで下がりました
発熱から初めて36度代にまで下がったので、この時は嬉しかったですね
ですがこの時は頭が割れるように痛く吐き気もありました


変わらずずっと堀川桜さんは看病していて下さいました


今回の副反応は1回目の時よりも明らかに2回目のが酷かったです
これからモデルナのコロナワクチンを打たれる方や2回目を打とうとされる方もいるかもしれませんね(´・ω・`)


暫くは動けないと覚悟して接種されるほうがいいかもしれません







スポンサーサイト



Last Modified :
[serene_resp2c-r] Designed by *Essence