fc2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日常を綴ります。巨赤芽球性貧血治療中

無料で着うたの作り方

私は携帯をスマホに変えてから、昔学校の授業で着うたを作らされた時の経験を生かしてメールも電話の曲も自分の好きな着うたにしています。
着うたを手に入れる方法は色々ありますね。
初めから音符をMIDIソフトで入れて自作で作ったり、着うたサイトから購入したり。
私は自分で作っています。
気付きやすいように敢えて自分の好きな曲の中でもテンポの良い曲を選んでいます。
今回はフリーソフトだけで簡単に作れてしまう着うたの作り方をご紹介します。


いつの情報かまではわからないですが、着うたを作成するのには規則があるみたいです。
「500KBの容量までで30秒以内の音楽ファイル」と決まっているそうです。
情報はいつのだかわからないですが一応私はこれを守っています。
出来上がった時は念のためにそのできた音楽ファイルを右クリックしてプロパティを選び容量を確認してみるのもいいかもしれませんね。
もしかしたらもっと簡単な方法はあるかもしれませんが私なりのやり方をご紹介したいと思います。



※ある程度wav編集ソフトで曲の波長が自分で読める方向けです。
気になる方はこの記事の続きから作り方が記載されてありますので是非ご覧下さい。
携帯、またはスマホでmp3ファイルを着うたにすることができる方向けの作成方法です。













ここまで読んで下さりありがとうございます。
では、作り方をご紹介しますね(・ヮ・


【必要なフリーソフト】
・Moo0 ボイス録音器
・SoundEngine Free
・午後のこ~だ


上記の3つのフリーソフトを使用します。
これらのフリーソフトをインストールしておいた状態で下記に記載されている内容を見て作ってみて下さい。


①Moo0 ボイス録音器というフリーソフトを起動してフォルダーの保存先とファイル名(曲名にあたります)を好みで指定してファイルの拡張子をwavかmp3か選べるのでここではwavを選択します。


②パソコンで着うたにしたいCD等を挿入して曲を流しておきます。
これはそのままです。
CDを入れるなりして音楽を「パソコン上で流せる状態」にしていればOKです。


③「ここの場所録音したい!」と思ったところを見つけたらそこの場面の曲調から録音を開始をクリックします。
こちらのソフトは「パソコン上で流れる曲を全て録音」するので録音中の際はご注意下さい。
クリック音等も録音される可能性があります。



④30秒以内の状態にして終了ボタンをクリックします。


ここで「Moo0 ボイス録音器」の使用は終わりです。
次に「SoundEngine Free」のソフトを起動します。

⑤SoundEngine Freeを起動して先ほど録音したwavファイルを開くと曲が流れます。
これはwav編集ソフトなので、お好みに編集して下さい。
聞きたくない波長の範囲を選び削除したり等できます。
因みに私は最後辺りの曲調をフェードアウトを選んで自然に曲が消えるような感じに編集しています。
ここの部分はできない方は無理してする必要はないです。


⑥満足のいく着うたファイルが出来上がったら上書きで保存します。
怖い方や編集前のファイルも持っておきたい場合は名前を付けて保存を選べます。


ここで「SoundEngine Free」の使用は終わりです。
もう少しでmp3ファイルが出来上がります。


⑦今度は「午後のこ~だ」というフリーソフトを起動します。
WAVE追加というボタンがあるのでそこをクリックして、先ほど作ったwavファイルを選びます。
エンコードをクリックします。
そうすると先ほどまでwavファイルだったのがmp3ファイルになります。


これで、着うたのファイルは出来上がりです。
後は、この着うたファイルを携帯やスマホに取りこまなければなりませんね。


パソコン上のフリーメールで大丈夫なので、そのメール画面を開き先ほど作った曲のファイルを添付します。
メールの送り先は自分の携帯のメールアドレスにします。


送信をクリックすると間もなくしてメールが送られてきます。
そのメールに添付されているファイルを任意の場所に保存して、曲を選ぶときにそのファイルを選べば終わりです。



・お金をかけずに着うたが欲しい方
・自分の好きな部分の曲を着うたにしたい方


オススメです(・ヮ・ )ノ


これ以上に詳しいフリーソフトの使用方法はありますがそれはそれぞれで調べて頂けると幸いです。
私も色んな着うたができていてアラーム、メール、電話の着信時は全て着うたです。
是非、色んな着うたを作って楽しんで下さいね(>ヮ< )ノ






スポンサーサイト



[Tag] * 日常日記
Last Modified :
[serene_resp2c-r] Designed by *Essence