fc2ブログ

Mint Ice

悪性リンパ腫の治療後の日常を綴ります。巨赤芽球性貧血治療中

怖い……

偶然眠れなくてyahooニュースを見ていて凄く怖いニュースを見つけました。
落ち込むという感情通り越して怖いです…。
ツイッタ―でもRTしましたが、横浜市神奈川区の大口病院というところで、院内で点滴に消毒液が混入されていたり、その同じ病院で4階で7月から48人が死亡していたそうです。

他の病院では現在のところでは異物混入は確認されていないそうですが、「内部の関係者ということも否定はできない」と院長さんは言われているそうです。


私はこのニュースを見て、凄く何というか…その…かなり怖いです。

私は、今大学病院でまだ定期検診を受けている身で、他の病院でも定期検診を受けています。
悪性リンパ腫の抗がん剤とリツキサンの治療を終えて、堀川桜さんも凄く喜んでくれて、他の方々からも応援の声を頂きつつ今定期検診を受けています。
入院履歴もあります。



患者として自分の命を…医師や看護師に預けていた者です。



……こういうのを聞いて、一番怖いのは…
真似する人がこれから先、別の病院で出てくるんじゃないかということです。



病院に通っている方も、入院されている方も、こちらのニュースで色々とそういったことを考えさせられるのではないでしょうか…。



私は、ここの大口病院だけに限ったことではないと思います。
例え犯人がここで見つかったとしても、今後そこにいる患者さんは凄く怖い思いをされていたことも事実で、もしかしたら助かるかもしれない命がこれから消えていく可能性があることもなきにしもあらずかもしれないんです。



このニュースはとても他人事と思えないくらいひどい事件だと思っています。
いやそれ以上に、怖いです。


こういうのを聞くと、もう何もかも誰も信じられなくなってしまいますよね。
看護師さんや医師も人間ですから、優しい人ばかりではないこともわかっています。



仮に犯人にストレスが溜まっていたとか、やりたくなった理由があったとしても…



許せないですね。
凄く、酷いし許せない。



腹立たしく感じます。




同時にそんなことできる人を怖いとも思います。



私にとってこの話は、とても他人事に思えません。
悪性リンパ腫で入院していた時、私は無事に治療を終えて退院していた人も見ましたし同時に同じ部屋で亡くなった方も見ました。
病気と闘っていく、頑張ると言ってこれから生きていくために治療に励んでいかれた人もいました。
その人に凄く励まされました。
がん専門の病棟で同じ部屋のベッドにいた患者さんに凄くよく私のことを見て世話を焼いて下さった方もいました。



皆、病気と闘っていました。
そう闘っていく方々を、私は見てきました。



とても許せない事件です。
そして犯人が捕まった後も怖くなる事件だと思いました。





スポンサーサイト



[Tag] * 日常日記 * 闘病 * 血液内科 * 縦隔腫瘍
Last Modified :
[serene_resp2c-r] Designed by *Essence